地域で一番感謝される
接骨院を目指します。

接骨院とスポーツ・フィットネスジムと連携して、
怪我から怪我の予防、健康なカラダ作りまで
トータルでサポート致します!

2020.02.26更新

 先日、2/24(月)に肘内障の2歳のお子さまが来院。

肘内障とは、肘の輪状靭帯と橈骨頭(とうこつとう)がはずれかける「亜脱臼」を起こしてしまった状態であり、輪状靭帯が発達していない1歳未満から6歳くらいの子どもに多い疾患です。

 

ひじ

祝日だったのでやまと接骨院はお休みでしたがお母様からご連絡をいただき

外出中だったので接骨院にもどるのにすこし時間がかかってしまいましたが、すぐさま整復完了。

お話をきくと2/23日にご自宅で転倒の際、右手を巻き込んでしまったようです。
その直後から右手をまったく使わなくなってしまったので心配となり、救急病院にいかれたようでしてが専門医がいなかったようでレントゲンをとって異常がないとのことで処置はなし。

うーん
詳しくお話をきくと研修医だったようですね。

次の日になっても右手をまだ使わないので違う病院に受診したところ、肘内障と診断されたようです。
しかし整復をおこなってもらったようですが整復確認動作をせずに帰されたようで、帰宅されてもこの動画のように(https://youtu.be/wthC6DAFd74)遊んでいてもまったく右手を使わない状態。
自分が整復した後も動かすとはげしく痛いというのが脳裏に焼きついているのかなかなか整復確認動作である万歳はおろか右手を動かそうとしてくれません。
すこし落ち着いてお父様が上着を着せようとしたところ自分から右手を動かして袖をとおしたのでまず整復できているなと思い施術終了。

家に帰って安心したのか元気な万歳の動画(https://youtu.be/Gt7-aqM6eq0)がお母様から送られてきて自分も安心できました♪

※動画の投稿はご両親許可のもとおこなっております。

投稿者: やまと接骨院

PageTop